検索
  • 隼矢 前田

厚底か?薄底か?

マラソン・ランニング業界では、数年前から厚底シューズが話題となっています。

従来の考え方は、速く走るためのランニングシューズは軽さや靴底の薄さを追求したものが一般的でした。

その常識は既に覆され、靴底にカーボンプレートなどのクッション性の高い素材を入れることで、着地時の衝撃を和らげつつ、タイムを短縮させることにも成功しています。

実際私も、もともと履いていた一般的なレース用シューズと某社の厚底シューズとでタイムを比較したところ、厚底の方が400mトラック1周あたりで1〜2秒速くなりました。

これは5kmに換算すれば12〜25秒、10kmに換算すれば25〜50秒の短縮になります。

数秒でもタイム短縮するために日々ハードなトレーニングを積んでいる中、靴だけでこれだけの差がつくのは本当に驚愕で、高校駅伝や箱根駅伝のランナーがこぞって靴を乗り換えるのも納得できます。

現在は様々なメーカーが、新しい厚底シューズを販売しています。インターネット上では新しい靴に関するインプレッション(使ってみた感想の投稿)を行なっている動画も、あるので、購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【ランニングレッスンで心がけていること】

こんにちは。現役トライアスロンコーチの前田隼矢です。 最近、コーチとしてランニングレッスンを担当させて頂く機会が増えてきました。 そこで、今回は私がランニングレッスンを行う際に意識している点を、ご紹介したいと思います。 ━━━━━━━━━━ ランレッスンについて ━━━━━━━━━━ ランレッスンでは、大きく分けて、以下の2つの力を養うことを目的にしています。 ①身体的持久力・筋力 長く動き続けら