検索
  • 隼矢 前田

トライアスロンを始めたきっかけ

今回は、私がトライアスロンを始めたきっかけについて、お話ししたいと思います。


小学5年生の時のこと。当時同じスイミングスクールに通っていた年下の友達のご両親が、トライアスロンをしていました。

その頃はトライアスロンという言葉そのものが今以上に珍しく、周りには全くと言っていいほどトライアスロンをしている子はいませんでしたが、泳ぐのが好きで走ることも好きだった私は、一度大会に出てみることにしました。


初めての大会の時はロードバイクを持っておらず、マウンテンバイクで出場。4位になり、「伸び悩んでいる水泳では上に行けなくても、トライアスロンなら行けるのでは無いか」と思い、2回目の大会では、その友達のご両親から大人用のロードバイクを借りて優勝することができました。


当時地元には実業団チームがあり、そこの選手達が私達と一緒に伴走してゴールしてくれたのが、今でも記憶に残っています。

ちょうどその頃、2000年のシドニーオリンピックでトライアスロン競技が正式採用となり、その実業団チームから2名の選手が出場しました。


トライアスロンのオリンピック選手に憧れを抱き、「僕もあんな選手になりたい」と思い、そのチームの合宿に参加させてもらったりもしました。それらの経験が、トライアスロンを続けていくきっかけになりました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

理想と現実━━━━━━━━━━━━━━━━━